募集・売り出しの取り扱い(セリング)業務内容について

金融商品取引法により証券会社の業務として認められているものにはさまざまな種類がありますが、そのひとつにセリング業務と呼ばれるものが存在しています。ディストリビューター業務と呼ばれていることもあります。

 
このセリング業務のうち、募集の取り扱い業務とは、証券会社が株式などの有価証券の発行者からの委託を受けて、新たに発行される株式などの購入を、不特定多数の投資家に向けて広く呼び掛ける業務のことです。

 
また、売り出しの取り扱い業務とは、新規ではなく、すでに発行されている株式などの債券について、発行者からの委託を受けて、不特定多数の投資家に向けて販売する業務のことをいいます。

 
こうした業務は、証券会社が依頼主から株式などの有価証券を買い取った上で投資家に販売するアンダーライター業務と呼ばれるものともひじょうに類似していますが、アンダーライター業務とは異なり、有価証券を証券会社として引き取る(購入する)必要はありません。

 
このため、仮に業務を行った結果として売れ残りが生じたような場合でも、もとの委託元の企業に返却することができ、証券会社としてはそれだけリスクが少なくて済むといえます。ただし、当然ながら委託元が証券会社に支払う手数料などはアンダーライター業務のほうが高額です。

Comments are closed.