引き受けおよび売り出し(アンダーライター)業務内容について

証券会社は流通市場と発行市場における業務を行う役割があります。流通市場においては、ブローカーとしての業務である委託売買業務、ディーラーとしての業務である自己売買業務です。

 

 

そして、発行市場においては、有価証券の引き受け業務でもあるアンダーライター、有価証券を売りさばく業務である募集・売り出し業務を行います。つまり、証券会社には主にこの四つの業務に分けることが出来る訳です。

車03

 

その中でもアンダーライターの業務は、株式会社は株券や債券を発行する訳ですが、それをいったん証券会社が買い取りを行い、投資家に販売する手法を取ります。もし仮に売れ残りが発生すれば、その残りを証券会社が全部引き取る形になります。

 

 

よく新規上場でも主幹事の証券会社が選定されますが、そういった役割に対して中心的に担っている証券会社と解釈されます。また売りさばくことが一社では難しい場合もあるので、他の多数の証券会社と団体を組んで売りさばくケースも見られます。いずれにせよ、売れ残った場合においては、それを全部買い取るので、証券会社がリスクを負うこととなります。

 

 

なお発行市場における募集・売り出し業務もありますが、これについては売れ残っても証券会社が全部、買い取りを行う必要もない業務で、リスクが発生することはない業務です。

Comments are closed.